XサーバーでDNSサーバーとメールサーバーのみ利用するときの注意点

ホームページを制作する際に、

・WebサーバーはVPSやクラウドサーバー

・DNS(ドメイン・ネーム・システム)サーバーとメールサーバーはレンタルサーバー

という方法を取ることがあります。

 

理由はアクセス過多やプログラムアップデートによる不都合などでリスク分散したり、

営業やディレクターでも簡単にメールアドレスを作成したりできることですね。

 

今回は、下記サーバーに設定する時の注意点・方法を記載します。

WebサーバーはGMOクラウドVPS

DNS(ドメイン・ネーム・システム)サーバーとメールサーバーをXサーバー

 

XサーバーのDNSレコード初期設定は、下記となっている。

ホスト名 種別 内容 優先度
example.com MX example.com 0
example.com A example.com 0
www.example.com A example.com 0
*.example.com A example.com 0

この設定を

ホスト名 種別 内容 優先度
example.com MX svで始まるXサーバーのホスト名 0
example.com A 違うサーバーのIP 0
www.example.com A 違うサーバーのIP 0
*.example.com A 違うサーバーのIP 0

とすることで、Webサーバーは違うサーバーでDNSサーバーとメールサーバーはXサーバーで運用することができます。

 

 

VPSやクラウドサーバーでメール関連の設定でお悩みの方は是非試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA